慰謝料や治療費

それでは、実際に交通事故の際に発生することになる損害賠償としてはどのような種類のものがあるのでしょうか。交通事故の損害賠償については多くの種類が存在していますが、その中でも特に多くの場合で発生するのが治療費です。交通事故によって発生した怪我や病気などに対する治療というのは、当然交通事故がなければ不必要だったもので、その分の損害というのは事故を起こした側に支払いの責任があります。

治療費この際、治療にかかった費用だけではなく、入院の費用などについても請求の対象とすることができます。ただし、医師の指示による治療以外については退けられる可能性があるため注意しなければなりません。また、治療中に医療機関への移動が必要になる場合、その移動に掛かる費用についても損害賠償請求の対象に含めることができます。こちらについても最低限の金額が損害賠償請求の対象となるため、無闇にタクシーなどを使用したとしてもその分の金額を算出することはできません。

これら以外に、慰謝料も発生します。慰謝料の内容には傷害慰謝料と後遺障害慰謝料というものがあり、後者については後遺障害が残ってしまった場合について発生することになる慰謝料となっています。弁護士を頼りにするようにしましょう。


弁護士を頼りに

それでは、実際に交通事故に遭ってしまった場合、あるいは自分が加害者となってしまった場合には、どのような形で弁護士に相談をするのが良いのでしょうか。弁護士への相談というのは難しいもののように考えられがちですが、実際には多くの弁護士事務所が相談のための無料窓口を用意しているため、こういった場所を利用することによって相談を行うことができます。この場所での相談を通して、実際にどのような損害賠償請求を行うことができるのか、あるいは自分が請求されている側である場合、それを減額することができるのか、ということを相談可能です。

弁護士弁護士としてはその相談を通して、損害賠償の請求や減額が可能であると判断したならば、力を貸してくれるでしょう。自分一人では法律的な知識などの問題から難しいような解決であっても、弁護士が付いているのであれば心強い味方となります。

多くの場合、自分が事故被害者になってしまった時、自分は個人であるのに対して、相手は保険会社の法務担当者です。このような状態では法律知識の差などもあり、どの程度の請求ができるのか分からなくなってしまう部分があるでしょう。この部分を補填することができるのが弁護士の存在です。

≪関連サイト≫交通事故 示談


交通事故も示談になる

皆さんは弁護士を利用したことがあるでしょうか。利用したことがないという方にとって、弁護士というのは非常に頼ることが少ない職業であり、利用には高いハードルがある人たち、というように考えているのではないでしょうか。確かに弁護士に頼る機会というのは無いのであれば無い方が平和ではありますが、もし何か法律上の問題が発生してしまった場合、十分利用を検討することができるものでもあります。それでは、実際に弁護士を利用することによってどのようなことができるのでしょうか。

弁護士弁護士というと、イコール裁判というイメージを強く持っている方も多いのではないでしょうか。テレビドラマなどで取り扱われる場合については裁判のシーンなどが多く取り上げられるということもあり、誤解を生んでしまっている部分があります。実際に裁判に至る可能性というのは確かに存在していますが、弁護士の取り扱う案件の多くは裁判にまで至りません。裁判に至る前に「示談」と呼ばれる方法によって処理されるようになっています。この示談はお互いが条件に合意することによって解決されるというもので、司法の判断を仰ぐ前に対処が決定されることになります。裁判に至ることになるのは、この示談による交渉が決裂した場合です。

例えば交通事故等の場合においても、民事訴訟に至るより先に、まずはこの示談によって解決される場合がほとんどです。そのため、弁護士に相談をしてみるのが良いでしょう。