• Home 弁護士を頼りに

弁護士を頼りに

それでは、実際に交通事故に遭ってしまった場合、あるいは自分が加害者となってしまった場合には、どのような形で弁護士に相談をするのが良いのでしょうか。弁護士への相談というのは難しいもののように考えられがちですが、実際には多くの弁護士事務所が相談のための無料窓口を用意しているため、こういった場所を利用することによって相談を行うことができます。この場所での相談を通して、実際にどのような損害賠償請求を行うことができるのか、あるいは自分が請求されている側である場合、それを減額することができるのか、ということを相談可能です。

弁護士弁護士としてはその相談を通して、損害賠償の請求や減額が可能であると判断したならば、力を貸してくれるでしょう。自分一人では法律的な知識などの問題から難しいような解決であっても、弁護士が付いているのであれば心強い味方となります。

多くの場合、自分が事故被害者になってしまった時、自分は個人であるのに対して、相手は保険会社の法務担当者です。このような状態では法律知識の差などもあり、どの程度の請求ができるのか分からなくなってしまう部分があるでしょう。この部分を補填することができるのが弁護士の存在です。

≪関連サイト≫交通事故 示談